コベヨガ 神戸京都 | RYT200/リフォーマー/エアリアルヨガ/ピラティス/TRX

本物は感化する

「3ヶ月経過、今までのバランスレベルを遥かに凌駕し始めました❗」

17歳バレリーナKさんのKSPリフォーマー・スーパートレーニングによる超高難度レッスンは毎週粛々と進行中。毎回2人で大爆笑し合いながらのレッスンですが、その内容は一般向けとは違い壮絶レベル。プロ競技者ですらこの内容すべてを簡単にはクリアできません。

バランスレベルの極限に到達するというのは簡単ではありません。すごいとか根性とかそういう日本にまだまだ根づく古い考えのトレーニングではなくて、いかに冷静に自分を見つめてバランスレベルを最高レベルに引き上げるためにはどうすればいいかを考えて、それを実行に移していかねばなりませんが、彼女はこれから先のキャリアも考えた上でそれを見事に実行しています。

日本はスポーツ分野での高度なバランスレベルに身体能力を引き上げるというトレーニングにおいては、先進国の中でもかなり劣っています。これはひとえに旧来の指導体質に慣れきった指導者が多いのが大きな要因です。そういう体質の指導者に共通しているのは、自分の身体のバランスが高度に取れてない(もしくは取ったことがない)・バランスの極限レベルを体得してないからそういう高度なレベルが一体どのようなものなのかわからない、解剖学や運動生理学を通じて総合的に人の身体を深く見ることができない、ことなどが挙げられます。

バレエにおいても近年バレエの方たちもバレエの練習だけではバランスが崩れるということでダンスへの取り組みなどを行っていますが、私から見るとまだそれだけでは不足していることが多いかなと思います。バランスレベルの観点で言うと、まだまだ限界領域までは達してない方が圧倒的大多数を占めます。バレエだけとか、そこにダンスを加えての練習は当然のことながら大切ですが、それだけではバランスレベルを高度に引き上げるのはとても難しいものです。

このことは他の運動、ゴルフ・テニス・野球・ダンス・サッカー・マラソン・ボディビル・陸上競技・空手・合気道・サイクリングなどあらゆるスポーツに取り組んでいる方達にも多く当てはまります。現在これら運動を本格的な趣味で行なったり、競技者として取り組んでいたり、中学高校大学でクラブ活動として取り組んでいたりする方たちも多く来られてますが、皆さん当初は一様にバランスレベルが低いですし、そもそもバランスを高度に取るという概念がない人が大半を占めますから・・・。

アスリート向けのKSPリフォーマー・スーパートレーニングでは、そういう多くの方たちが簡単には到達できない高レベルバランス状態に身体能力を引き上げて、身体の動き・パフォーマンスを最高度に発揮できるようになるトレーニングを行っています。身体を限界まで磨き抜くため当然精神(心)も最高バランス状態になります。